白内障手術について

1・白内障手術を受ける前に理解しておきたいこと

白内障手術は、眼科においては日常的に行われている手術です。ほかの手術と同じように、手術の方法や患者の眼の状況によって、結果(視力)は画一的ではありません。
術後の見え方はもちろん、安全に施行するためには、いくつか注意点があります。

1白内障があるから、手術受ける/するわけではない
 すべての医療行為においては、ほとんど、僅かながら、合併症の可能性を孕んでいます。手術だけではなく、
 目薬でもそうです。不自由を一切感じないのであれば、手術は受けないことが、基本的な考え方ではないかと
 思われます。
2手術を受ける前に、なにか眼表面疾患がないか、確認すべきです
 手術を希望された方には、まず眼表面を細隙灯顕微鏡で詳しく検査して確認します。角膜の形状は、角膜トポグラフィ
 ーで詳しく調べます。これによって、ドライアイの有無、不正乱視の強弱、円錐角膜など視力に影響を及ぼす要素を
 事前に検出できます。
 弱い正乱視なら、“角膜輪部角膜減張切開術”で直したり、
 強い乱視なら“トーリック眼内レンズ”を使用したりします。
3手術をする/受ける前に、詳しい眼底検査を行います。
 手技の進歩と薬物治療の改善が遂げた今でも、僅かな割合で“のう胞状黄斑浮腫”という網膜浮腫が起こります。
 浮腫が起きたら、相応する治療を行うわけですが、事前にその可能性が高いと予想される場合、予防的に消炎薬の
 投与が有効です。
 黄斑前膜、網膜血管障害の既往、糖尿病網膜症、ブドウ膜炎など、これらの疾患を持っている方には、この合併症が
 起こりやすいといわれています。
4非球面レンズ(トーリック眼内レンズ)の使用
 角膜乱視が強い場合、非球面レンズを使用して、見え方の質を高めます。
5多焦点眼内レンズの選択
 信号機や標識、景色など“遠方”の見え方と、手元の雑誌やスマホなど“近方”の見え方を
 両方が見えるようにするのが多焦点レンズです。
 多焦点眼内レンズを入れられたおよそ8割の方が、日常生活において眼鏡が不要です。
 しかし、保険適応外であること、画像の鮮明度がやや落ちることが欠点です。
6術後合併症に注意
 術後炎症を適宜抑えることで、のう胞状黄斑浮腫(CME)の発生を抑えることができます。(網膜格子状変性、黄班
 変性、網膜硝子体変性疾患、黄斑上膜か網膜裂孔など)網膜変性疾患や糖尿病網膜症、ブドウ膜炎の既往のある場合は
 予防的治療を検討します。
 そのほか、わずかな割合(1/1000)ですが、眼内炎の発生に十分な注意が必要です。眼内に感染症が起きた場合失明に
 至るほど重篤な状況ですので、術前、術中、術後ともに清潔に留意することが肝要です。
7術後の見え方
 術後すぐはっきり見える場合と、しばらく(数日~数週間)経ってから見えてくる場合があります。回復力に個人差が
 あることと、手術の影響がそれぞれ違うことが原因。  
 単焦点レンズでは、ほとんどの場合眼鏡の使用が必要になります。一方、多焦点レンズを入れられた場合、8割の方が
 眼鏡使わないで日常生活を送ることができます。

文責 劉 孟林
2017 Oct.

2・人工水晶体を選ぶ

普段ものを見る眼のしくみと白内障になるまで

正常眼では、遠くをみるときは毛様体筋が弛緩して、レンズが薄くなり遠くへ焦点を合わせます。

近くをみるときは、毛様体筋が緊張して、レンズが厚くなり近くに焦点を合わせます。

40歳以降、水晶体が徐々に硬くなり、焦点の調節がだんだんできなくなって少しずつ”老眼”になります。

60歳以降、水晶体が濁りはじめます。
徐々に白内障となって、見え方がかすんだり、眩しくなります。

白内障手術では、この濁った水晶体を取り出し人工水晶体(人工レンズ)を入れます。
これにより視力が改善します。

通常使われるレンズは焦点を変化させることができないので
遠くをみることに合わせるか、近くをみることに合わせるか
どちらかを選択しないといけません。(下記画像参照)

その一方、多焦点人工レンズを使えば、遠くも近くも見えて
メガネをかけなくてもある程度の日常生活を送ることができます。

多焦点人工レンズとはどのようなレンズか

外からの光を、遠くの光と近くの光に分けることで
遠くも近くもある程度見えるようにするレンズです。

➡では、多焦点人工レンズなら完璧か?

  単焦点人工レンズ 多焦点人工レンズ
眼鏡 術後ほぼ100%必要 術後10~20%の症例が必要
保険 保険診療 自由診療
(手術と関連診療が自費負担)
見え方 遠くか近く、どちらか選んだほうが
はっきり見える
遠くも近くも見える
(多少ぼんやりする)
(夜間の光がにじんで見えることがある(15%))

➡多焦点人工レンズに向いてない人は?
 ・完璧主義?
 ・すでに反対眼に単焦点眼内レンズを入れている?
 ・角膜乱視が強い?
 ・術前視力が良好?
 ・夜間運転が多い?
 ・眼疾患を有する?
  (ドライアイ、チン小帯脆弱、角膜混濁、小瞳孔、眼底疾患、緑内障など)

ご不明な点がございましたらどうぞご相談ください!

 

3・眼内レンズの違いで見え方は少し違う

距離の遠近を大きく三つに
・遠(2メーター以上)
・近(2メーター~50センチ)
・手元(40~30センチ)
分けて見てみますと、鮮明に見えるものと、ややぼやけるものが変わってきます
現在は 『遠方と近方』 あるいは 『遠方と手元』 が見やすいた焦点レンズはありますが、
すべてが綺麗に見える人工レンズはまだありません。

人それぞれの生活習慣と趣味に応じて、最適な人工レンズを選ぶことが重要ですね。