緑内障の話

その1 長寿と緑内障

 日本人の平均寿命は男性80歳、女性87歳と、高い水準にあると報告されています。
健康的な老後を過ごすのはだれでも望むことです。身体の健康だけでなく目の健康も維持するのが長寿の秘訣!
そこで、眼の健康を維持するために、緑内障と年令の関係はどうなのでしょう。
緑内障は、日本人の失明原因のトップにあがる病気で、潜在患者数は500万人以上とまで言われています。

 緑内障とは、眼の神経が、何らかの原因で、ゆっくり(稀には急激に)減ってしまって、見えにくくなる病気です。
高齢者に多いといわれていますが、実は平均診断年令は51歳です¹。多治見スタディ(多治見市で行った疫学調査研究²)によりますと、我が国の40才以上の有病率は20人に1人、70才以上では7人に1人で、その緑内障を持っている人の9割が未治療となっていると報告されています。つまり、点眼治療や通院中の“緑内障患者”はわずか1割で、残りの9割が気づかないまま過ごしているか、治療や通院をしていないかです。
年令とともに緑内障が発症し、そして徐々に進行しますので、視機能が低下をたどる一方です。従いまして、40才以降、年一度の定期検診の際、可能なら“眼圧測定”と“眼底写真を撮る”ことがおすすめです。まったく症状を自覚しない初期の緑内障を見付けるのには、こうした定期検診を利用することが有効です。

 では、緑内障は治らないといわれていますが、“治療”できますか。

失われた眼の神経は、いまの医療技術では再生できません。
欠損した視野は二度と戻せませんので、神経の喪失(=緑内障の進行)を遅らせることが、緑内障“治療”の目標です。
現在行われている緑内障点眼治療は、眼圧を下げる効果があり、それで緑内障の進行を遅らせることが可能です。
なので、早期発見(40代から眼の定期検診)、そして早期治療(無症状でも点眼治療の重要性を理解して実行すること)が、長寿社会において眼の健康維持には重要だと思われます。



緑内障フレンドネットワーク患者会員調査2009

Iwase,A et al :Tajimi Study Group,Japan Glaucoma Society :The prevalence of primary open-angle glaucoma in Japanese: the Tajimi Study. Ophthalmology 111(9) :1 641-1648, 2004