緑内障の話

その1 長寿と緑内障

日本人の平均寿命は男性80歳、女性87歳と、高い水準にあると知られています。
健康的に過ごすことは、だれでも望むことでしょう。
では、眼の健康を維持するのには、どういうことを注意すればよいでしょうか。
失明原因第一位の“緑内障”と“年令”の関係を考えてみましょう。

<緑内障とは>
眼の神経が、何らかの原因で、ゆっくり(稀には急激に)減ってしまって、見えにくくなる病気です。
年をとることに従って、体は衰え、視神経も徐々に減ります。通常の減り方では、平均寿命までには視力や視野が障害されることなく、生涯を全うするわけですが、緑内障の場合、視神経が通常より早く減ってしまって、視野が欠けたり視力が低下してしまうのです。

<緑内障の患者はどれぐらいいるのか>
高齢者に多いといわれていますが、実は平均診断年令は51歳です¹。
多治見スタディ(多治見市で行った疫学調査研究²)によりますと、40才以上の方では20人に1人、70才以上の方では7人に1人が緑内障を持ちます。残念ながら、その方たちの9割が未治療となっていると言われています。つまり、“点眼治療や通院中”の緑内障患者はわずか1割で、9割は気づかないで日常生活を過ごしています。

以上の特徴を踏まえて、やはり早期発見と早期治療は緑内障進行予防の基本ですね。
例えば、40才以降、年一度の定期検診の際は“眼圧測定”と“眼底写真を撮る”ことをおすすめします。
まったく症状がない“初期の緑内障”を見つけるには、こうした定期検診を利用することが有効です。


では、緑内障(減ってしまった視神経)は治らないといわれていますが、どう“治療”していくのか。

失われた神経は、いまの医療技術では再生できないため欠損した視野は二度と戻せません。
視神経の喪失(=緑内障の進行)を遅らせることが、緑内障“治療”です。
いま、点眼治療が進歩して、緑内障手術を受けないといけないことが少なくなりました。
点眼薬を長期的、持続的に使用し、多くの緑内障の進行を遅らせることが可能です。


緑内障フレンドネットワーク患者会員調査2009

Iwase,A et al :Tajimi Study Group,Japan Glaucoma Society :The prevalence of primary open-angle glaucoma in Japanese: the Tajimi Study. Ophthalmology 111(9) :1 641-1648, 2004

その2 緑内障の自覚症状

緑内障は、視野が徐々に欠けて、ついに視力が低下する目の病気です。
“緑内障”という言葉はよく知られていると思いますが、やはりこの病気についてまだ認識が不十分のようです。
最近行ったあるアンケート調査結果を紹介します。
(引用先:https://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2018/2018_05_29.html
抜粋
①自分が緑内障である可能性 「あると思う」はわずか1%40才以上は20人1人、     
 (70歳以上は7人に1人が緑内障と言われます)
②早期発見につながる視野検査 6割以上が受けていない
③「視野を気にする」と回答した人は、「視力を気にする」と回答した人の3分の1以下
④48.7%の人が「緑内障になると視野が欠けたところが黒く見える」と誤解
 (黒くなることはありません。欠けてもほとんど気づきません)
⑤「緑内障と診断されたら運転できなくなる(禁止される)」と誤解している人が31.7%

 以上のような結果から示された事実は、“視野の欠損”は自分では気づきにくい、定期検査の重要性が認識されていないということでした。
今後も、緑内障についてより広く、正しく理解をしていただく必要があると言えます。