診療概要

診療対象

緑内障、白内障、糖尿病網膜症、加齢性黄斑変性症、飛蚊症、斜視、弱視、近視、眼精疲労、
角膜・結膜感染、ドライアイ、アレルギー、涙道疾患、眼瞼けいれん


手術と処置

<日帰り入院による手術>
*白内障手術:濁った水晶体を取り出し、人工レンズを挿入する
*翼状片切除術:黒目に伸びたかかりものを切除する     等

<その他外来処置>
*硝子体注射(抗VEGF抗体の硝子体投与)
*網膜光凝固術
*霰粒腫切開術
*良性眼瞼腫瘍切除
*眼瞼けいれんに対するボトックス注射           等

メガネ、コンタクトレンズの処方について


当院ではメガネやコンタクトレンズの処方のための検査も行っております。
検査自体に時間がかかるため、あらかじめお電話にてご予約をお願いしております。
※なお、メガネの処方箋はお渡しできますが、コンタクトの処方のみはできません。 
 当院にて購入、定期検査を行うようになります。


緑内障

網膜にある視覚情報を脳に伝える神経が、気づかないうちに減ってしまった病気です。
当院では、緑内障の有無の検査、病型の診断と治療を行います。
点眼治療が基本ですが定期的に視野検査を行うことで、進行の有無を判定し、
必要に応じて点眼薬を調整します。
稀に点眼治療が困難な場合は、大学病院へ紹介受診させていただきます。
緑内障手術はレーザーによる虹彩切開を行います。

白内障

眼の中にあるレンズ(水晶体)が濁ると、”かすむ”とか”まぶしい”という症状が現れます。
”かすみ”の原因はさまざまですが白内障によるものかどうか、検査したうえで適切な治療を判断できます。
軽症の場合は点眼薬で進行を遅らせますが、日常生活が不自由となれば、その濁ったレンズを人工水晶体に取り換える手術を検討します。

糖尿病網膜症

血糖が長年高い状態で網膜の血管が弱くなって出血する病気です。
基本は内科クリニックなどで高血糖の治療を受けていただきながら、
当クリニックで眼底検査を定期的(1か月~数か月不等)に観察します。
網膜症の進行を察知しましたら、進行の度合いに応じて網膜光凝固術(網膜にレーザー照射)などを行うことがあります。

加齢黄斑変性

網膜の中心部(黄斑部)が変性して出血や浮腫をきたす眼の病気です。
早期発見できた場合、臨床研究で有用性を証明されたサプリメントの服用で進行を抑えます。
視力の低下が顕著な場合、抗VEGF抗体の硝子体内投与による治療を行います。
(サプリメントは当クリニックにも取り扱いがございます!)

弱視の原因とメガネによる治療

弱視とは
 “視力の発達が障害されておきた低い視力”を弱視といい、メガネをかけても視力が十分(1.0ぐら い)出ない状態です。しかし早期発見、早期治療で治すことが可能です。
 視力は、年齢と成長とともに、だんだん良くなるものです。0歳では0.1ぐらいの視力しかありませ んが、3歳ごろは大人と同じ視力に発達すると言われています。ただ、子供がうまく検査できるの は大体4歳前後です。

弱視の原因
 視力の成長期(10歳)までに、なにかの邪魔が入って正常な視力成長ができず、メガネをかけても よく見えない状態を弱視といいます。 
 子供がうまく検査できるようになるまで、弱視の原因がはっきりしないこともあります。
 通常は「1屈折異常弱視」「2不同視弱視」「3斜視弱視」「4形態覚遮断弱視」に分類されます。
治療
 視力の“成長”は、いつかは止まります。その“期限”(10歳前後)を過ぎると、視力が“固まる“ので、 治療をしても視力が良くなることが困難。治療を早めに始めるほど、よく反応して視力が改善し やすいです。治療目標は、メガネをかけて1.0まで見えること。メガネをかけないで視力が悪くて も、弱視ではありません。
各種弱視の概要
1屈折異常弱視
 原因 遠視、近視、或いは乱視が強い場合
 治療 すこしずつメガネをかけ始めて、徐々に毎日一定の時間以上にメガネを使うことです。視    力が良くなってからも、12歳前後までメガネをやめないで続けます。
2不同視弱視
 原因 遠視、近視あるいは乱視の左右差が強いためにおこる、片目の視力低下です。片目の視力    がよくて日常生活は不自由しないので、3歳児検診、就学時検診で気づくのが多いです。 治療 メガネをかけます。視力改善が思わしくない場合、見える眼を遮り(健眼遮蔽)ます。それで    もよくならない場合、見える眼にアトロピン点眼*する治療法を検討します。
3斜視弱視
 原因 斜視とは、右眼と左眼が違う方向に向いている状態です。この斜視が原因で弱視になった    ことを斜視弱視と言います。片側が斜視で視力低下し、反対側の視力が正常の場合が多    いです。
 治療 矯正のために、健眼遮蔽を行うか、アトロピン点眼*、斜視手術を行うこともあります。
4形態覚遮断弱視
 原因 外の映像(光)が眼の中に入らないために起きる弱視のことです。先天白内障、腫瘍、高度    な眼瞼下垂、角膜混濁、眼帯の長期装用などで起こります。
 治療 原因となる疾患を治すことが基本です。
*片眼にアトロピン点眼すると瞳孔が散大してぼやけて見えにくいので、反対眼(弱視眼)で見る  ように促す方法

近視

これまで子供の近視を止めるのは困難でした。
最近ではオルソケラトロジーなどの特殊なレンズを装用する方法も有効でしたが、
より簡単で安全なのは『低濃度(0.01%)アトロピン点眼薬を1日1回寝る前に点眼する』
という治療法です。この治療法は現在最も有効であると臨床研究報告が述べられています。

眼瞼痙攣

まぶたがぴくぴくして、眼がゴロゴロしたり、見えにくかったりすることがあります。
軽症の場合は点眼液で様子を見ますが、重症の場合、ボトックスという治療薬を眼瞼に
注射をすることで痙攣を抑えます。

アレルギー性結膜炎

眼の表面に花粉などのアレルゲン(アレルギー反応を引き起こす物質)が付着して
炎症を起こす病気です。
主な症状は
かゆみ、充血、目やにが出る、異物感、まぶたの裏にぶつぶつが出る、などです。
抗アレルギー薬を使っての治療が主流ですが、症状が強いとステロイド剤を一緒に使う場合もございます。
初期療法として、症状が出る前から点眼を開始することで、症状緩和が期待できます。
また予防策として、
花粉が飛ぶ季節は外出を控えて花粉との接触を避けたり、外出の際には、ゴーグル型のメガネやマスクの着用が効果的です。
ハウスダストは部屋の清潔を心掛けたり、寝具を干したりするのが良いです。
軽度の症状なら我慢してしまいがちですが、重症化すると日常生活の支障が出てきます。

目のスギ花粉症に 今年こそ早めの対策を

初期療法は、花粉が飛び始める約2週間前、または少しでも症状が現れた時点で抗アレルギー薬の点眼を開始する治療法です*1

*1 アレルギー性結膜疾患診療ガイドライン第2版 日本眼科学会雑誌114(10),829(2010)

流行性角結膜炎

流行目の診断

ハヤリメ(赤目、流行性角結膜炎)に対して、高感度な迅速診断システムの導入により
より正確的に診断ができるようになりました(2018年10月)。

出典:臨床眼科72(4):481-486,2018
画像引用先:https://www.mizuho-m.co.jp/product/product_details/000395.php?iryou=1