先進医療実施施設として認定を受けました

当院は12月1日より、”多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術”による先進医療実施施設として認定を受けました。これにより
1・”手術は自費診療”となりますが、その術前術後の検査と診察は通常の保険診療で行われるため患者様の負担が軽減されます。
2・ご加入の保険により異なりますが、手術の自己負担分を保険金請求ができるというメリットがあります。
詳細はご来院の際に問い合わせいただくか、もしくは後日ホームページにてご案内させていただきますのでご覧ください。