やもと眼科

設備記事一覧

 つまり、超広角眼底カメラです。このカメラの特徴は、”画角200度、眼底のおよそ80%の領域を無散瞳で1回で撮影できます”。 従来の眼底カメラは、散瞳薬を点眼してから15分間待ち、それから眼球の方向を変えながら1枚ずつ撮って合計9枚ほど合わせて、ようやくこれぐらいの広範囲の検査ができます。 したがって、この超広角眼底カメラが、 @散瞳させる時間 A散瞳後3時間ほどのまぶしくて見えにくい辛抱を必要と...

page top