やもと眼科 白内障手術

  白内障と人工水晶体


 正常眼では、
 遠くをみるときは毛様体筋が緩んで、レンズ(=水晶体)が薄くなり、遠くに焦点が合い、運転や景色が良く見えます。
 近くをみるときは、毛様体筋が緊張して、レンズが厚くなり近くに焦点を合わせます。

 40歳後半から、レンズが徐々に硬くなり、遠近の調節が徐々に利かなくなり、少しずつ”老眼”になります。
 60歳以降、水晶体が濁り(=白内障)はじめます。その時はまだ見えますが、”かすみ”とか、”天気がいい時にまぶしい”とか、夜間の運転の際、”対向車の光で見えなくなる”とか、という症状を自覚します。白内障の進行には個人差もあり、”にごり”の形も個人差がありますので、60代で見え方がひどくて手術を受ける方もいますが、80代まで”不自由”を感じない方もいます。

 白内障手術は、この濁った水晶体を取り出し人工水晶体(眼内レンズ)を入れることです。濁りがなくなることによって”かすみ”、”まぶしさ”、視力が改善されます。眼に合わせて、人工水晶体の”度数”を計算して入れますと、遠視だった方はほどよい”正視”にできますし、強すぎた近視の方は”ほどよい近視”に治すことができます。

 難しいのは、遠くも見えて近くもある程度見えていた方の場合は、どのレンズを選ぶとよいなのかです。例えば、毎日でかける、文字を読むのには老眼鏡を使うのに慣れている方には、遠くに人工水晶体の度数を合わせることがほとんどです。逆に、あまり外出しない、家の中で身の回りのこと、手元の作業をメガネなしで見えるようになりたい方には、近くに人工レンズの度数を合わせることが多いです。まだ現役で働いていて、遠くも近くもある程度みえたい、メガネもかけたくない という方には、”多焦点レンズ”を選択するとよいでしょう。

  白内障手術を受ける前に

 白内障手術は、眼科においては日常的に行われている手術です。ほかの手術と同じように、手術の方法や患者の眼の状況によって、結果(=視力)は同じではありません。術後の見え方はもちろん、安全に施行するためには、いくつか注意点があります。

 

1白内障があるから、手術受ける/するわけではありません
 すべての医療行為においては、ほとんど、合併症の可能性を孕んでいます。手術だけではなく、目薬でもそうです。不自由を一切感じないのであれば、手術は受けないことが、基本的な考え方ではないかと思われます。

 

2手術を受ける前に、眼表面疾患がないか、確認すべきです
 手術を希望された方には、まず眼表面を細隙灯顕微鏡で詳しく検査します。角膜の形状は、角膜トポグラフィーで詳しく調べます。これによって、ドライアイの有無、不正乱視の強弱、円錐角膜など視力に影響を及ぼす要素を事前に検出できます。弱い乱視なら、“角膜輪部角膜減張切開術”で直したり、強い乱視なら“トーリック眼内レンズ”を使用します。

 

3手術をする/受ける前に、詳しい眼底検査を行います
 手技の進歩と薬物治療の改善が遂げた今でも、僅かな割合で“のう胞状黄斑浮腫”という網膜浮腫が起こります。浮腫が起きたら、相応する治療を行うわけですが、事前にその可能性が高いと予想される場合、予防的に消炎薬の投与が有効です。
 黄斑前膜、網膜血管障害の既往、糖尿病網膜症、ブドウ膜炎など、これらの疾患を持っている方には、この合併症が起こりやすいといわれています。

 

4非球面レンズ(トーリック眼内レンズ)の使用
 乱視が強い場合、トーリック眼内レンズを使用して乱視を打ち消して見え方の質を高めます。

 

5多焦点眼内レンズの選択
 信号機や標識、景色など“遠方”のものと、買い物や自宅内の日常生活“中近方(70〜100pぐらい)”のものを両方見えるようにするのが多焦点レンズです。多焦点眼内レンズを入れられたおよそ半分の方が、日常生活において眼鏡が不要です。

 

6術後合併症に注意
 術後炎症を適宜抑えることで、のう胞状黄斑浮腫(CME)の発生を抑えることができます。(網膜格子状変性、黄斑変性、網膜硝子体変性疾患、黄斑上膜か網膜裂孔など)網膜変性疾患や糖尿病網膜症、ブドウ膜炎の既往のある場合は予防的治療を検討します。そのほか、わずかな割合(1/1000)ですが、眼内炎の発生に十分な注意が必要です。眼内に感染症が起きた場合失明に至るほど重篤な状況ですので、術前、術中、術後ともに清潔に留意することが肝要です。
 また、緑内障がある方には、白内障手術中に”istent”を隅角に留置することによって、眼圧の下降と緑内障進行予防を検討することもあります。

 

7術後の見え方
 術後すぐはっきり見える場合と、しばらく(数日〜数週間)経ってから見えてくる場合があります。回復力に個人差があることと、手術による影響がそれぞれ異なることが原因。

page top